Kou’s blog

健康スポーツ 関西旅を発信していきます

【必読】ストリングス(ガット)の張替え時期

f:id:KouBlog:20210411150839p:plain

こんにちは。Kouです。

 

現職では

スポーツ・健康に関しての販売員として勤務しており

 

前職では

硬式テニススクールのテニスインストラクターとして多くの方に、

 

自分の経験を活かしテニスの楽しさと技術面向上」の指導をしてきました。

 

 

今回はストリングス(ガット)の張替え時期についてです。

 

テニスをやっていく上では必ず行わないといけないのが、ストリングスの張替えです。

 

張替えを怠ってしまったり、ストリングスが切れていないから継続して使用してしまうなど

 

その状態のままでは、パフォーマンス向上だけでなくカラダへの悪影響を及ばしかねません。

 

しっかりとしたメンテナンスを心がけましょう。

 

 

 

f:id:KouBlog:20210411131441p:plain


テニスラケットのストリングスの張替えはいつしたらいいの?

切れていないけどそのままにしててもいいのかな?

f:id:KouBlog:20210410230652p:plain


ストリングスを長い期間張り続けて使用するのは良くないことなんだ!

いろんな影響があるからそのことについて詳しく説明していくね!

f:id:KouBlog:20210411132032p:plain


いろんな影響が出るんだ!? 

そのまま使用してしまっていた・・・

詳しくよろしくお願いします!

 

 

 

ストリングスの張替え時期

 

f:id:KouBlog:20210405151231j:plain

 

テニスにおいて、ストリングスはボールが直接当たる大事な部分であります。

 

そのストリングスのメンテナンスをしっかりと行わないとパフォーマンスだけでなく、カラダにも良くない影響を及ばしてしまいます。

しっかりと定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

ストリングスは、テニスラケットに強くテンション(引っ張る)をかけて張っていきます。

 

イメージは輪ゴムを伸ばした状態でそのままにしておく感じですね。

伸ばした状態の輪ゴムは次第に伸びてしまい弾力が無くなってきます。

f:id:KouBlog:20210411133424p:plain

 

輪ゴムと同じで、ストリングスはテニスラケットに張った時点で劣化し始めていきます。(緩んでくるとか伸びてくるとよく言われます)

 

つまりストリングスは、テニスをプレーしなくても劣化していくということを覚えておかなくてはいけません。

 

では、ストリングスの張替えの目安時期ですが

 

テニスラケットにストリングスを張った日から

 

ナイロン製のストリングスは「3ヶ月」

ポリエステル製のストリングスは「1ヶ月」

を目安にストリングスの張替えを行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

張替えの時期について

ストリングスの張替え時期については

 

ナイロン製のストリングスは「3ヶ月」

ヨネックス YONEX テニスガット 単張り エアロンスーパー(AERON SUPER)850 130 イエロー ATG850-004

価格:1,710円
(2021/4/11 15:13時点)
感想(2件)

 

 

ポリエステル製のストリングスは「1ヶ月」

【10%OFFクーポン対象商品~4/16 1:59】YONEX(ヨネックス)「POLY TOUR PRO 125(ポリツアープロ125) PTGP125」硬式テニスストリング(ガット)[ポスト投函便対応]

価格:1,510円
(2021/4/11 15:14時点)
感想(12件)

とお伝えしました。

 

まず、初めになぜ素材によって張替えの時期が異なるについてです。

 

素材によってストリングスの性能の維持力が異なることが理由です。

 

ナイロンのストリングスは、

ラケットに張り始めた日から

約3ヶ月後ぐらいから急激に性能が落ちてきます。

 

一方で、ポリエステルのストリングスは

約1ヶ月立たないうちに急激に性能が落ちてしまいます。

 

 

f:id:KouBlog:20210411131656p:plain


じゃあ、性能が長持ちするナイロンガットを張った方が

長い間使えるからナイロンガットの方がいいよね!

f:id:KouBlog:20210410230652p:plain


そうとも限らないんだよ。

ナイロンのストリングスは性能の維持力がポリエステルよりも長いけど、

ストリングスの耐久性(切れない事)はポリエステルよりも悪いんだ! 

そのためナイロンのストリングスを張って数週間で切れる人はポリエステルを張ってる人が多いんだよ。

特に、毎日テニスをしていて、上手になってきた学生さんは多いね!

f:id:KouBlog:20210411132032p:plain


なるほど!

半年以上ストリングスが切れない僕の場合は、あまりポリエステルのストリングスを張らない方がいいんだね!

f:id:KouBlog:20210410230652p:plain


そうだね! 

ナイロンのストリングスを1ヶ月以内で切れるようになったら上達している証拠だから、

そうなってきたら一度ポリエステルのストリングスを試しに張ってみるのもいいかもね!

 あと、ポリエステルのストリングは初心者が使うとカラダへの負担も大きいから使わない方がいいね!

f:id:KouBlog:20210410225211p:plain


なるほど! わかりました! ありがとうございます!

 

 

ストリングスを張り続けるデメリット

 

f:id:KouBlog:20210411131656p:plain


素材によって張替え時期が違うのはわかったけど、やっぱり切れていないのに張り替えるのはもったいないなー・・・

f:id:KouBlog:20210410230652p:plain


確かにそうだね! 

正直なことを言うとテニスをする上では全然使えるよね! 

でも、さっきも言ったけど長い間張っているストリングスは性能が落ちてしまっていて本来の機能が発揮していないんだ。 

そのまま張り続けていたストリングスでテニスをしていると、テニスが上達しなかったり、カラダのどこかの部位が怪我をする可能性が高くなるから張替えは必ずしないといけないんだ!

f:id:KouBlog:20210411143447p:plain


テニスの上達の妨げにも、カラダの怪我にもつながるの!!!

f:id:KouBlog:20210410230652p:plain


そうなんだ!

だから必ずストリングスの張替えはしたほうがいいんだ!

詳しく説明していくね!

 

2人の会話でもある通り、3ヶ月以上張り続けているストリングスを使用してのプレーはさまざまな悪影響が出てきます。

 

以下にまとめてみました。

  • テニスの上達の妨げ
  • カラダの怪我
  • フォームの崩れ

 

テニスの上達の妨げ

長期間張り続けていたストリングスは、弾力を失い

反発力・振動吸収性・スピン性能・コントロール性能が失われていきます。

 

性能が失うとテニスの練習の際に、自分が思うようにプレーすることができなくなりテニスを楽しくプレーすることができなくなります。

 

精神面でも、マイナスなイメージになりプレーに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

  • 張りたての時と打った感覚が違ってきている
  • 思うように飛ばない
  • 回転がかからない

と思ってきているならば張替えを行いましょう。

 

カラダの怪我

張り続けられてたストリングスは、性能が落ちてきます。

 

そうなることで、自分のカラダを無理に力を入れて飛ばそうとしたり

手首を無理に使って回転をかけようとしたりしてしまいます。

 

結果、カラダに負荷がかかり手首や肘、他さまざまな部位の怪我の原因になりかねません。

 

また、ストリングスの振動吸収性も悪くなるため

打った際の雑振動が大きくなり手首肘への負担も大きくなります。

 

カラダの事もしっかりと考え、定期的に張替えをしましょう。

 

フォームの崩れ

カラダの怪我の内容と似ていますが

 

反発力のないストリングスを使用していると、ボールを飛ばそう飛ばそうと思って手打ちになったりします。

 

そのような場合に、綺麗なフォームが崩れてしまいます。

 

その状態で長期間プレーをすると、その手打ちの状態がベースとなってしまいなかなか綺麗なフォームに戻すことができなくなります。

 

性能がしっかりあるストリングスでテニスをプレーすることが非常に大切です。

 

 まとめ

 

ストリングスの張替えに関してまとめてみました。

  • ナイロン製のストリングスの張替え目安時期は「3ヶ月」
  • ポリエステル製のストリングスの張替え目安時期は「1ヶ月」
  • 長期間張り続けていたストリングスのプレーは、テニスの上達の妨げ・カラダへの怪我のリスクを高める・フォームが崩れてる
  • ナイロンストリングスの切れるスパン(期間)が早くなってきたら上達している証拠!自分を褒めよう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク