Kou’s blog

健康スポーツ 関西旅を発信していきます

【汗腺トレーニング】 良い汗と悪い汗

f:id:KouBlog:20210323164542p:plain

皆さん汗をかいていますか?

 

気温の高い夏と違って、秋や冬は特に気温が寒かったり涼しかったりして運動以外で汗をかくことは少なくなります。

 

汗をかかないでいる場合、汗をかくところ「汗腺」の機能が落ちてしまい

悪い汗となって体から出てきます。

 

カラダのベタつきや汗の臭いの原因悪い汗をかいている証拠になります。

 

もうすぐ夏を迎えるに今を悪い汗から良い汗に変えていきましょう!

 

今回は良い汗と悪い汗についてご紹介します。

 

 

良い汗と悪い汗

 

まずは、「良い汗」「悪い汗」の違いをみてみましょう。

 

【良い汗】

  • 小粒でサラサラしている
  • 蒸発しやすい
  • 汗のにおいがしない
  • 汗をかくとスッキリする
  • 汗が限りなく水に近い
  • 体温調整してくれる

 

【悪い汗】

  • 大粒でベトベトしている
  • 蒸発しにくい
  • 汗臭い
  • 汗をかいてもグッタリする
  • 汗と一緒にミネラルが出てしまう
  • 体温調整ができない

 

汗腺機能の衰退が原因

 

f:id:KouBlog:20210323170747j:plain

悪い汗をかいてしまう原因は、汗腺機能が衰退していることが考えられます。

 

汗腺機能の衰退の原因は運動不足や、近年ではエアコンによる汗をかかない環境に居続けることがあげられます。

 

夏の暑い期間でも冷房がしっかり効いた室内にいることで汗をかかずにいると、汗腺が休んだ状況になります。

 

汗腺が休んだ状況になってしまうと、体温調整ができなくなり夏場での熱中症の原因や、女性が気になる汗の臭いカラダのベタつきが起こります。(悪い汗をかく)

 

そうならないためにも、汗をかく習慣(汗腺トレーニング)を身につけることが大切です。 

 

 

良い汗は健康的なカラダをつくる

f:id:KouBlog:20210304164910j:plain

悪い汗かくと、臭いがキツくなったりミネラルが出ていきやすかったり体温調整ができなくなったりとカラダへの悪循環がわかりました。

 

では、良い汗は健康的なカラダをつくる理由についてです。

 

良い汗には、体温調節をしっかり行う働きがあるため、夏場での熱中症対策があげられます。

 

夏場での猛暑日などが苦手で体調が優れなくなる方がいる場合、良い汗がかけておらず体温調整が上手く機能していないことも考えられます。

 

夏本番前に、しっかり汗をかく事をおすすめします。

 

他にも、良い汗をかくことで代謝があがり血行がよくなる事で、カラダの老廃物を汗や尿排便などでしっかり体外へ排出します。

 

老廃物が溜まりやすいカラダでいると、疲れやすいカラダになりますのでしっかりと老廃物は排出していきましょう。

 

女性に嬉しい美肌効果もあげられます。

良い汗は質良い皮脂膜が形成され、お肌の乾燥を防ぐだけでなく細菌などの侵入を防ぎます

良い汗は皮膚の健康も期待できるです。

 

 

 

良い汗をかくための汗腺トレーニン

良い汗をかく為には、簡単で汗をかき慣れる事です。

 

普段から汗をかく事で汗腺機能が回復してきますので

汗をかく習慣を作りましょう。

 

手足高温浴

f:id:KouBlog:20210228221241j:plain

手足高温浴は文字通り、手と足を42℃の高い温度のお湯に入れて発汗させる方法です。

 

【方法】

湯船に42℃のお湯を30㎝ほどはり、手足を入れて15分ほど入ります。

その際に汗の量を確認しましょう。継続して行うと汗腺が活発になり汗の書く時間が早くなってくるでしょう。

 

全身浴を行わず手足のみを温める理由は、

  • 手首足首はカラダを温めやすい部位であること
  • 全身浴でのお風呂だと、全身の水圧で汗が出にくい状況になってしまうこと

カラダをお湯から出して行う事で汗をかきやすい環境にすることが手足高温浴のメリットです。

 

【注意点】

長時間行う際はしっかりこまめに水分補給をしましょう。血管が開いていく為血圧が下がり場合があります。

 

サウナと岩盤浴の活用

f:id:KouBlog:20210323165357j:plain

汗をかく機会でよくサウナと岩盤浴があげられます。

 

サウナと岩盤浴は汗をしっかりとかくことができますが注意点があります。

 

汗腺機能がまだしっかりと行えていない状況でサウナや岩盤浴に入るのではなく、

手足高温浴で徐々に汗腺機能を回復してから行くと効果的です。

 

より汗腺が活発して発汗が促進されるでしょう。

 

ウォーキングなどの有酸素運動

f:id:KouBlog:20210323165716j:plain

日頃から積極的にカラダを動かす事で、汗をかく機会を増やすこと。

 

ウォーキングでも汗をかいていない感じがするのであれば、負荷を少し大きくして汗をかくように運動をしましょう。

(早歩き、インターバル・ウォーキングなど)

 

適度な運動することは良い汗をかくことだけでなく、自律神経のバランスも整えてくれます。

心身のリラックス効果も期待できます。

 

まとめ

  • 現在の汗の状態をチェックしよう。日頃汗をかいていますか?汗はサラサラですか?ベタベタですか? 臭いですか?臭くないですか?など
  • 悪い汗と判断できたら良い汗に改善していこう!
  • 良い汗をかくとカラダには良いことばかり
  • 夏の暑さ対策のため汗を書く準備をしよう
  • 汗腺機能を改善するには運動と手足高温浴がおすすめ!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク