Kou’s blog

健康スポーツ 関西旅を発信していきます

【美の追求】ストレッチの6つの効果

f:id:KouBlog:20210221220406j:plain

 

運動する前やスポーツをする前に、ほとんどの方がストレッチをしていると思います。

 

普段の習慣の中でストレッチすることでどの様な効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

 

 

そもそもストレッチとは?

筋や関節を、故意的に伸ばすことで筋肉の柔軟性を高める行動になります。

広い場所や、必ず必要な道具もなく

いつでもどこでもできるのが大きなメリットと言えるでしょう。

 

ストレッチの効果

 

ストレッチをすることで

固くなっていた筋肉が原因で血流を圧迫していたもの

筋肉が柔らかくなり血流がよくなります。

 

血流がよくなると、隅々まで酸素や栄養分が行き渡り代謝をあげてくれます。

 

基礎代謝とは

座っている時や寝ている時も消費するカロリーの事です。

 

  • 血流がよくなる事で疲労回復にも

日常生活やスポーツを行う事で溜まった疲労物質が、血流によって分解されますが

血流が良くなることでこの循環がよくなるので疲労回復にも繋がります。

 

  • 腰痛や肩こりの解消

体の柔軟性が低い人ほど、関節への負担が大きくなるものです。

ストレッチにより柔軟性を高めることで、関節への負担を減らしてくれます。

その結果腰痛や肩こりの痛みの軽減や解消をもたらしてくれます。

 

  • 副交感神経の働きをよくする

副交感神経とは「夜の神経」とも呼ばれており、体を緊張から時ほぐしリラックスされてくれる神経です。

副交感神経の働きをよくすると、血圧が下降していき脈拍もゆっくりとなり

心身共に夜の睡眠に適した状態を作り上げています。

 

睡眠の質」が向上することになります。

 

  • 姿勢がよくなる

現代社会に置いて、PC業務やスマートフォンの操作で前屈みになり姿勢が悪くなっています。

ストレッチをすることにより、正しい姿勢へと改善できる様になります。

姿勢が良くなることで、見た目も若く見える様になり

基礎代謝も上がり、疲れにくい体になります。

 

  • 怪我の予防

スポーツや運動前にストレッチを行うことで、筋温度を高めることで怪我の予防にもなります。

日常から、習慣化としストレッチを行うことで筋肉の柔軟性が上がり

筋肉が柔らかくなることで怪我の予防効果が上がります。

またそれだけでなく、筋肉が柔らかくなることで通常行っている

運動でのエネルギーの消費量も大きくなりかつトレーニング効果もアップします。

 

まとめ

  • 疲労回復や体の緊張を解きほぐし、心身ともにリラックス状態へ(睡眠の質向上)
  • 柔軟性を高め血流を良くし、ダイエット効果も向上
  • 日常生活のパフォーマンスの向上
  • 疲れにくい体・怪我の予防 

 

最後に 

ストレッチは冒頭でもお伝えしましたが

必ず必要な道具や広い場所も必要としない運動です。

 

日頃からの習慣化する事で、日常のパフォーマンスが向上します。

最近体の調子が・・・

体が固くなってきているなど

体で実感しているのであれば、一度ストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

体が変化していく事が実感できれば継続もできるでしょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク