Kou’s blog

健康スポーツ 関西旅を発信していきます

これが原因かも?睡眠が浅くなる理由とは

f:id:KouBlog:20210227172733p:plain

人生の3分の1は睡眠であると言われております。

朝来たときにスッキリしないや、日中に眠気がくるなど

悩む方が多いと聞きます。

 

今回は眠りが浅い原因について紹介していきます。

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠について

人は深い睡眠を取ることで、脳の疲労を解消してきます。

 

眠りが浅い方は、朝スッキリしていない 寝たのに疲れを感じるなど

 

日中に対するパフォーマンスや生産性が損なわれてしまいます。

 

眠りが浅い理由には、レム睡眠とノンレム睡眠が関係しております。

f:id:KouBlog:20210213115807p:plain

 

レム睡眠

レム睡眠は、身体は休ませているが脳が起きている状態になります。

 

身体は休んでいても、脳が覚醒しているために睡眠が浅く夢をみるタイミングもレム睡眠の時です。

 

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、体も脳も両方しっかり休ませる事ができている状態です。

 

眠りが浅い原因

レム睡眠とノンレム睡眠は90分毎に通常交代して起こるものです。

 

眠りが浅い方は、身体は休めているけど脳が覚醒した

レム睡眠の状態が長いことが考えられます。

 

ではレム睡眠が長くなる理由は何でしょうか?

 

レム睡眠が長くなる理由は何?

f:id:KouBlog:20210217231652p:plain

まず初めに考えられるのは、心理的な不安などが原因になっています。

 

ストレスや心配事が原因レム睡眠長さが長くなる事があります。

 

他には、寝る前の習慣にも原因があります。 

 

f:id:KouBlog:20210217231753p:plain

就寝前のカフェインの摂取やアルコールの摂取です。

カフェインは覚醒作用があるため、深く睡眠をする事ができません。

またカフェインもアルコールも尿意をもたらす事で、眠りを浅くします。

 

次に部屋の環境にも影響があります。

 

騒音や部屋の明かりについてもコントロールする必要があります。 

明るい部屋だと、脳が夜だと感じにくくなり快適な眠りを誘う事ができません。

 

夜は少し明かりを調節しましょう。

 

次に寝具です。

自分に合う寝具を見つけることは大切です。

 

枕やマットレスでは、自分似合うオーダーメイドタイプの物が存在します。

 

寝具の合わない物を使っていると、首が痛くなったり腰が痛くなったりします。

f:id:KouBlog:20210217231911p:plain


 

オーダー物は価格帯も高いものが多いですが、既製品のものでもすごくいい物が沢山あります。

 

一度寝具を見にいき実際に横になり試すことをおすすめします。

 

私自身もいくつかの寝具を試しました。

 

現在は

枕は、じぶんまくらの自分に合った高さと柔らかさを調整できるものを使用しています。

マットレスも、シーリーのマットレステンピュールマットレスを組み合わせて使用しています。

 

「人生の三分の一」はベットの上だと考えると、少し高価なものでも納得のいく物が大切です。

 

さまざまな原因で睡眠が浅くなるケースもあります。

日々の習慣や環境を見直しする事で改善されていきます。

 

私の場合は寝具を変える事で(特に枕)、朝の不快感などが大きく改善されました。

 (首 肩こりなど)

f:id:KouBlog:20210217231937p:plain

睡眠の質を向上させる

睡眠の質を上げるためには、睡眠中に脳を覚醒させずに眠らせることが大切です。

  • 朝にしっかりと太陽の光を浴びる
  • 日中(夕方ごろ)に運動をする
  • 寝る前にカフェインを摂らない

などいくつか方法はあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

睡眠の質を上げるいくつかの方法を紹介しております。

koubox16.com

 

まとめ

レム睡眠とノンレム睡眠の時間を適切な時間に持っていくことで、快適な睡眠を取る事ができます。

一度日々の習慣を見直して、やってはいけない事を改善してみましょう。

そうすることで、毎日の睡眠の質をあげ日中のパフォーマンスの向上や生産性の向上が期待できます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。 

 

スポンサーリンク